ルテインサプリメント

目の健康を考えた成分配合量と質で選ぶ

「ルテインのサプリメントは、何を決め手にすれば良いものか・・・」

目の健康に欠かせない成分。
中でも、黄斑の健康に欠かせないルテインですが、サプリメントで選ぶとなると数も結構多く選びきれない事もあると思います。

そんな時に、選択肢を絞るポイントは?

「このルテインサプリメントは、目の健康が考えられているか?」
常にこれを意識してサプリメントを選ぶようにすると、沢山売ろうとしている安いだけのもの、品質の信用できないものは、必要ないと判断できるようになります。

具体的なチェックポイントを挙げてみます。

  • 一日推奨量に満たない配合量ではないか?
  • 売り込みばかりではないか?
  • 肝心の成分量に関する表記はあるか?
  • 天然由来の成分を使用しているか?
  • 確立された製法を用いているか?
  • 化学的に合成されたものでないか?
  • 利用者(モニター)の感想ばかりではないか?

結論ですが、この条件に最も近いサプリメントの一つがこちら。
ドクターズチョイスのルテイン40mgです。

これらをクリアした製品であれば、一定レベルの信頼が保証されると思います。多くのルテインを配合しているサプリメントを比較した結果、成分量、品質ともに納得できたのは、ドクターズチョイスのルテイン40mgだけでした。

加齢黄斑変性症の認知度が上がるにつれ、ルテインの配合量と品質を満たすこのサプリメントの良さが認識され始め、今では、生産が間に合わず品切れとなる程の人気があります。

日本製のルテインサプリメントの多くは、価格が安い粗悪品、もしくは、品質が良い分高額なもの。実際、あらゆる方法で探してみても、どれも決め手に欠けるものばかりでした。

対して、ドクターズチョイスのルテイン40mgは、品質と含有量が十分なのに価格も手ごろで継続して利用する場合にも負担が少なく済みます。

ルテイン40mgはこちら

網膜の黄斑に多く在る抗酸化色素

ルテインは、網膜を保護する為に欠かせない成分です。
視力の中心として重要な役割を持つ黄斑を紫外線などの有害な青色光から保護する働きを持つカロテノイド(色素成分)の一つです。

特にルテインは、黄斑に多く存在するとわかっています。

しかし、加齢とともに体内のルテインが減る事で目の健康が脅かされるようになり、様々な目の症状が現れてくるようになります。
それを防ぐ為にもルテインを補う事が大切です。

ドクターズチョイスのルテイン40mgとは?

ドクターズチョイスのルテイン40mgの何が優れているのかですが、以下のようなポイントが挙げられます。

  • 配合量が一日分40mgであること
  • 原材料のルテインは天然(マリーゴールド)のもの
  • 特許製法(フローラグロー)で抽出された成分
  • ゼアキサンチンも含まれている
  • ビルベリー(粉末)が新しく追加された
  • 続けやすい価格を実現している

まず、重要な基準であるルテインの配合量をクリアしています。
ルテインの一日推奨量目安は、健康維持の場合は、6mg~12mg程度、加齢黄斑変性症などが疑われる場合は、20mg程度が必要と言われています。

ドクターズチョイスのルテイン40mgは、その2倍の量が含まれています。

「なら、1日分で40mgも要らないのでは?」

それも問題有りません。むしろ、より有効な活用方法があります。
このルテイン40mgは2粒で40mgなので、多いと思ったら1日1粒で飲むことで量を調整できます。それでも、20mgと十分な量です。

1日分を一粒(20mg)に変更すれば、1ヶ月分が2ヶ月分になりコストパフォーマンスが2倍です。出費の負担も少なく目の健康を維持する事が出来ます。

ただし、意識して欲しい事として、サプリメントに含まれている成分量がそのまま体内に全て吸収されるとは限らない事です。

胃腸が弱っていたり腸内環境が悪ければ、体内に吸収される量が減り、肝機能が弱ければ、網膜まで運ばれる成分量が減ってしまう事も想定されます。
そうした栄養の損失を考慮しても一日分(40mg)の摂取量なら、十分に補えるのではないでしょうか。

サプリメントからの栄養補給については、服用するタイミングも意識してみると、吸収率も良くなるかもしれません。

特許製法で体内で使用されるルテインの形になっている

ドクターズチョイスのルテイン40mgは、特許製法「フローラグロー(FloraGLO)」によって、天然のマリーゴールドから抽出されたルテインです。この製法の特徴は、体内で使用される状態のルテインを摂取する事が出来るという事です。

  • 天然のマリーゴールドから抽出されている事
  • 体内で使用される状態のルテインを摂取できる

もしも化学的に合成されたルテインが有るとすれば、そのまま使用できないので分解と再合成が行われ、その過程で損失が生まれると思います。
その点、既に体内で使用される状態のルテインなら、そうした過度の心配も必要ありません。

原材料の安心感だけでなく、確立された製法を用いているルテインというのは、大きな信頼感に繋がるのではないでしょうか。

同時摂取が重要なゼアキサンチンも配合

ルテインを摂取する上で重要な要素がゼアキサンチンです。
この成分は、黄斑と更に中心である中心窩に含まれる成分です。

視界の中心である黄斑(中心窩)で気をつけなければならない事は何でしょうか?

それは、紫外線が集中する部分だという事です。

光はものを認識する為に欠かせないものですが、その中に有害な波長を含みます。特に視界の中心部分には、他の部分よりも常に光が集中するのでダメージが大きいのです。

そのダメージから黄斑を守る為に欠かせないのがゼアキサンチンです。

ゼアキサンチンは、ルテインの成分構成が変わったものでありルテインよりも強い抗酸化力を持つ成分でも有ります。そんなゼアキサンチンは、ルテインとの同時摂取が良いと言われているのですが、ドクターズチョイスのルテイン40mgに含まれています。

ルテインとゼアキサンチンを同時に摂取できるサプリメントは、ほとんどありません。ルテインの配合量も十分だとすれば、他に無いと言えます。

ビルベリーも新しく配合されている

  • ルテインの必要量十分
  • 同時摂取が推奨のゼアキサンチンも配合

これだけでも、他社のルテインサプリメントと比較して劣る点は有りませんが、ドクターズチョイスは、常に製品改良を意識しているブランドです。
このサプリメントに新たに加わったのがビルベリーパウダー。

これらに加えて、ビルベリーパウダーも配合されています。
ビルベリーと言えば、北欧産で紫外線への強い抵抗力を持つアントシアニンを豊富に配合している事で知られています。

アントシアニンもまた目の健康に有効な成分と注目を集めていますが、抗酸化力の強さと血液をさらさらにする働きに優れていると言われています。目の中には、脈絡膜という層に毛細血管が張り巡らされていますが、常に、ものを見る事で酷使されている目の組織は、血流量が多い組織でもあります。

つまり、アントシアニンの血流改善は、目の疲れを取り除く上でも欠かせない役割を担っているという事です。

このアントシアニンを含むビルベリーパウダーが50mgも同時摂取出来るので、ルテインとビルベリーのサプリメントを別々に用意せずに済みます。

高配合なのになぜ安い?

これだけの成分が揃っているサプリメントなのに、1ボトル(1ヶ月分)は、割とリーズナブルな価格帯です。それが出来る理由は、どこにあるのでしょうか?

  • 中間コストがかからない
  • 広告費をかけていない

サプリメントを販売している多くの日本企業は、原材料や製造コスト、運搬コスト、多額の広告費をかけ、更に利益を上乗せした上で製品の価格が決まるのでどうしても高くなってしまいます。また、販売店を設ける事での中間コストも別途かかります。

その上、日本の企業のようにラジオやテレビ、インターネットで多額の広告費をかけて利益を出すための多量販売という方法は行っていないので、毎月のようにチラシが送られてくるような面倒くさい事も有りません。

更に、消費増税の影響で乳製品などを中心に価格が高騰しています。
日本で販売されているサプリメントは、その煽りを受けて価格が高騰するか、もしくは、価格を維持する為に低品質と疑われる原材料に切り替えられるか・・・。

一方、ドクターズチョイスは、アメリカの拠点(直営店販売)のみで取り扱っているので、下請けなどを必要としない事で中間コストがかかりません。

また、日本の消費増税も関係ないだけでなく、海外直送でも送料が安いこと、1万円以上で無料となるなど、日本で通販を利用する事と何ら変わりありません。

そうした費用をかけないので、高品質でも安く提供できる。
更に、ドクターズチョイス製品なら全て使い切っても90日間の返品保証が付く。自社製品に対する自信を持っている会社である事に代わり有りません。

日本における制限を含めても、どのルテインサプリメントが良くて長く続けられるかを考えると、納得できる製品は、自ずと決まってくるのではないでしょうか。

>>ドクターズチョイス製ルテイン40mgの直営店はこちら
※供給が間に合わず在庫切れする事があるのでご注意ください。