加齢黄斑変性症の特徴

様々な欧米化に伴い増えている眼病

加齢黄斑変性症は、失明原因に繋がる恐れのある黄斑の病気の一つです。英語では、AMD(Age-related Macular Degeneration)という呼び方が有ります。

眼病による失明原因としては、日本で第四位と言われているようですが、欧米では、失明原因の第一位となっている程、罹患すると失明に繋がる恐れがあります。
加齢黄斑変性症は先進国を中心に増えている傾向にあり、日本も経済の発展とともに増加傾向にあるようです。

原因は、食生活の欧米化や環境汚染、ストレス、喫煙などが関係していると言われています。また、年齢を重ねる毎に罹患者数が増える事から、老化との関係も深い事から加齢黄斑変視症と呼びます。

この病気になると自覚症状として現れるのは、視野のゆがみや暗点です。

黄斑は、視界の中心部の映像を投影する為、この病気になり黄斑の形が変性すると、視界の中心部がゆがんだり黒く何も見えなくなってしまうようになります。
さらにその状態を放っておくと、ゆがみの範囲が広がっていく、もしくは、暗点部が大きくなり失明へと繋がっていきます。

加齢黄斑変性症は、どうやって症状が進行する?

原因は、先にも解説したとおり生活に関わる様々な要因ですが、これらがきっかけとなっているという事は、目を保護する働きが衰えている事を示します。

体内の防衛機能、自浄作用が弱る事が原因で老廃物が溜まりやすくなり、それらが、黄斑付近の血管などで詰まると黄斑変性症を起こすことがあるようです。

他にも、新生血管という新たに作られたもろい血管も関係している場合があります。

黄斑部の抗酸化力が落ちると、黄斑を守ろうという働きから新生血管が作られるのですが、この血管自体は脆く壊れやすいので血液が漏出し、黄斑の下で溜まると腫れたように黄斑を押し上げてしまいます。そうすると視界がゆがんでしまうのです。

また、この状態を放置しておくと網膜や黄斑へ血液が行き届きにくくなります。

これらの組織は、血流が滞ると視細胞が死んでいくので結果として失明に繋がるのです。視細胞に再生能力は無く、死滅した視細胞は元に戻る事はありません。

加齢黄斑変性症には、萎縮型と滲出型という二つの症状の特徴が有ります。

  • 萎縮型:黄斑部が年々乾き萎縮して変性を起こす
  • 滲出型:新生血管による壊れた血管や血液が黄斑への変性のきっかけ

萎縮型は欧米人に多く、滲出型が日本人に多いと言われていますが、滲出型の場合は、新生血管であり、これが増えるという事は、網膜や黄斑を保護する機能が正常に働いていない事であると同時に、それだけ、体内の抗酸化力が弱っている事でもあります。

これらの症状を改善する為にも、網膜と黄斑に多く存在するルテインゼアキサンチンなどのカロテノイドを補給し保護する働きを強める事が症状の進行を防ぎ、予防する事にも繋がっていくのではないでしょうか。