フローラグロー(Flora GLO)製法

ルテインの品質と吸収率を考えるならフローラグローが重要

フローラグローとは、マリーゴールドの花から、抽出、精製、結晶する技術を指し、特許を取得している唯一無二の方法です。

ルテインのサプリメントと言えば、この製法を用いた原材料(FloraGLORルテイン)を使用していなければ、一定水準に満たないと考えられます。

抽出に用いるマリーゴールドも食用に育てられたもので、残留農薬や保存料の使用などについての厳しい基準をクリアしたものが使用されています。つまり、そのまま食べても問題ないマリーゴールドのみを使用しているという事です。

また、第三者施設によって公平な状態で検査を受け、各国の関係機関から品質に関する承認を受けているので、製品の安全性が保証されているとの事です。

この特許を持っているのは、アメリカに本拠を構えるケミン社です。
ドクターズチョイスのルテイン40mgもこのFloraGLORルテイン100%原材料としていますが、日本のメーカーでも同じように採用している所が増えているようです。

しかし、ドクターズチョイスは、ケミン社と同じアメリカに本社を持っているという立地面での利点もあります。

これが、使用する私たちにとってどんな利点があるのかと言えば、原材料の流通コストもかからず、また、ケミン社の工場から、ルテインの原材料が出荷されてもすぐに製品化する事が出来るので、時間の短縮によって品質の劣化を防ぐ事も可能です。

コストもかからず新鮮な状態の材料を製品化。
いずれにしても、日本で同じ原材料を使用しているルテインのサプリメントと比べてもマイナス点は無いように思います。