食事からルテインを摂取するには?

ベストは食事からの摂取、しかし中々難しい

日頃の食事からもルテインを摂取する事は可能です。
サプリメントは、あくまでも栄養補助食品ですので、食事で補う事が出来れば、それが一番良い事に変わり有りません。

ルテインを多く含む食材の特徴は、緑黄色野菜に多いという印象があります。
色自体は、黄色なのでその色を含む食材、または、マリーゴールドのようなオレンジに近い色にも含まれていますが、緑色の多い葉物野菜にも含まれています。

とうもろこし、卵黄、ケール、ほうれん草、豆類などに含まれているので、これらを意識的に摂取する事でルテインを補給する事が可能です。

中でも、ケールとほうれん草などの葉物野菜に多く、食品100g中のルテイン含有量は、ケールでおよそ22mg、ほうれん草でおよそ10mgです。
これらの野菜を毎日100g食べるとルテインを補う事が可能です。

ただし、ケールは、高栄養の反面、その不味さからスーパーの店頭に並ぶ事はあまりない不人気野菜のようです。

一方、身近な野菜であるほうれん草で比べると、スーパーに並んでいるのが一袋で200g程度なので、毎日10mgのルテインを補給しようとすると、2日で使い切る計算となります。

ほうれん草の価格を一年間通した平均で150円程度とすると一日あたり75円。

ひと月30日で計算すると、ほうれん草だけを続けたら2,250円ほどとなりますが、ドクターズチョイスのルテイン40mgなら、ほうれん草一日分(100g)とした場合に摂取できるルテイン量の4倍です。

もしも、ルテイン40mgを一日にほうれん草だけで補給しようと置き換えたら9,000円。
毎月、ほうれん草にこれだけの出費を惜しみなくするのは中々簡単ではありません。

そういう意味でも、食材で摂る事が大切で有っても現実のお金に置き換えたら、どちらがコストパフォーマンスに優れているかは一目瞭然。

その上、ゼアキサンチンビルベリーも摂取出来る。
これらを踏まえても、ルテインをサプリメントで摂る事の必要性を再認識していただけるのではないでしょうか。