白内障にもルテインが良い?

白内障の主な原因とルテインの必要性

白内障も加齢により起こる目の障害の一つであり一般的なものです。
その大半が老化(加齢)によって起こる加齢製白内障が主たるもの。

その原因は、酸化です。
酸化のきっかけとなるのは、紫外線や赤外線、活性酸素などですが、保護する働きが弱りこれらのダメージを抑える事ができなくなった結果が加齢性白内障と考えれば、納得できるのではないでしょうか。

紫外線は太陽光などを直接浴びる事ですが、赤外線は、ガラス職人などのように、熱線を浴びる事が多いなどでも発症しやすい職業病の性質も持ちます。

この白内障という現象ですが、透明なものが熱により白く濁るというのは、まるでゆで卵と同じ原理です。実際、ゆで卵はタンパク質が凝固して白くなりますが、白内障もタンパク質が凝固して透明度が失われた状態です。

水晶体は、透明度99%と言われますが、加齢によってタンパク質が変性すると分子構造が大きくなり白濁化し透明度が落ちるのです。

このように、白内障の原因の大まかなところは、理解できたと思いますが、それなら、防ぐ方法、予防法も予測できます。

  • ・紫外線をできる限り目に入れない(サングラスなど)
  • ・赤外線(熱線)はなるべく避ける

これらの物理的な回避方法に加えて、目の内部から直接保護する働きを改善するという意味でルテインがは最適な成分です。実際、ルテインは、黄斑(中心窩)だけでなく、水晶体にも含まれています。

目の健康には、他にも、アントシアニンやDHAやEPAなども良いと言われたりもしますが、実際、目の中に含まれている成分で目を保護する働きもあると明言されているのは、ルテインだけのように思います。

それだけ、目には欠かせない成分と言えます。

物理的な保護で守るのも大切ですが、活性酸素は、体内で発生しますので、それらの害をなるべくゼロに近づける。また、白内障の改善に向けて活用するとなると、ルテインを続ける価値はあると思います。